得意分野は根管治療(歯内療法)『佐々木歯科医院』(渋谷区・渋谷駅 / 神泉駅)佐々木 高憲 院長

インタビュー

佐々木院長の治療の得意分野は何でしょうか

基本的には、どのような治療を行っていますが、私の専門分野は歯内療法(根幹治療)といって、簡単に言いますと、歯の根や神経の治療を行うことを専門にしています。歯内療法は場合によっては根幹治療というケースもあります。根幹治療は、歯の根を残す治療で、歯の神経を抜いたり、むし歯は再発しないように歯の根っこをキレイにする治療をしています。広い意味で捉えると、神経を残す治療をも言えます。むし歯が進行しないように治療を進めていきますが、むやみに歯を抜いたり神経を抜いたりすることはせずに、「歯を残す」「神経を残す」を主眼に考えることも根幹治療の根本と言えると思います。

歯内療法の治療を専門的に行うことにしたきっかけ、そして長年の治療経験で考えるポリシーはいかがでしょうか

大学を卒業してから今日まで、様々な治療を行ってきていますが、やはりどんなに良い詰め物や被せ物をしたとしても、歯の根幹にあたる土台、つまり根っこや神経の治療をきちんと施されていなければ、まったく意味がないということでしょうか。それどころか、口腔内全体に悪影響を及ぼしてしまうため、根本となる歯の土台の治療が最も大切なことなのではないかと考えまして、今日に至っています。もちろん、根や神経の治療となりますから、当院ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入して、綿密に治療を行っています。症例にもよりますが、歯内療法はどうしてもお時間がかかってしまう治療です。私としましては、患者様との信頼関係を高めていくため、患者様としっかりとした意思疎通、そして疑問点や不安な点があれば、しっかりお話を伺ったうえでお話の中できちんと解決していく、そういうことも心がけながら治療を行っています。

最後に一言をお願いします

昔に比べると、皆様の口腔衛生に対する意識がかなり高まっているようには見えるのの、やはりまだまだ足りなく、今後は口腔衛生を通じてご自分の健康をご自身で守っていくという意識付けを歯科の分野で高めていきたいですね。また、歯内療法を専門にしていますから、可能な限り患者様の歯を残す、神経を残すということを徹底して考えていきたいと思っています。ある患者様が当院を知ってご来院いただいたとき、この歯は抜かないといけないと言われてしまったらしいですが、実際に私が診断をしてみると、明らかに抜く必要がない歯だったのです。

医院情報

医院名 佐々木歯科医院
院長 佐々木 高憲
略歴など 1972年 東京歯科大学 卒業
1972年 江東区田村歯科医院 勤務
1976年 世田谷区で佐々木歯科医院 開院
1981年 渋谷区に佐々木歯科医院 移転
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-11-3
アクセス JR渋谷駅から徒歩4分
診療時間 月・火・木・金・土曜日 9:00〜13:00 / 14:00〜18:00
休診日 水・日・祝祭日
オフィシャルサイト https://sasaki-sika.jimdo.com/
電話番号 03-3496-2688

 

関連記事一覧