なぜ定期メインテナンスを受ける必要があるのか?

日本人の歯を失う原因1位「歯周病」

「歯周病(ししゅうびょう)」という病気をご存知でしょうか。一昔前までは歯槽膿漏(しそうのうろう)といわれていた病気です。歯周病と聞くと歯ぐきから血が出る程度の病気というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、歯ぐきから血が出るというのは歯周病の症状の一つにすぎず、実は、歯を奪い、全身の病にも関わる恐ろしい病気です。日本人の歯を失う原因の1位は歯周病によるもので、日本人の成人の80%が歯周病になっています。

歯周病では歯を支える骨を失っていってしまう

この歯周病は、お口の中の「細菌」によって引き起こされる「炎症性疾患」です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)のプラーク(歯垢)の除去が不十分だと、そこで細菌が増殖し、歯肉の縁が「炎症」を起こして赤くなったり、腫れたりしますが、この段階で痛みはほとんどの場合ありません。進行すると歯肉溝は深くなって「歯周ポケット」となり、さらに進行すると「歯槽骨(しそうこつ)= 歯を支える骨」が退縮していきます。


やがて歯はグラグラと動くようになり、最後は抜け落ちてしまったり、抜歯になってしまう病気です。歯周病は自覚症状が乏しい中で静かに進行し、歯科医院にいったときには、歯ぐきの中の見えない部分で歯槽骨が溶かされていてもう手遅れといったことも少なくありません。歯周病が「サイレント・ディジーズ = 静かなる病気」といわれるゆえんです。

関連記事一覧