定期メインテナンスを受けましょう

健康に関する後悔1位「歯の定期検診を受ければよかった」

みなさんは、人生を振り返って後悔したこと(健康について)の1位が「歯の定期検診を受ければよかった」ということについて知っていましたでしょうか。
PRESIDENT 2012年11月12日号で、55~74歳の男女1060人に「人生の振り返り」の調査を実施した結果が掲載されていました。その結果、健康」に関する「後悔」の「1位」は、「歯の定期検診を受ければよかった」というものでした。なぜこのような結果になったのでしょうか。


PRESIDENT Online の記事 → https://president.jp/articles/-/12332

80歳になった時に残っている歯の本数(残存歯数)は?

80歳の時点での残在歯数は、日本人の場合は10本程度(近年ではもう少し増加傾向にはあります)といわれています。成人の歯の数は28本(親知らずを入れて32本)なので、半分以上の歯を失っている計算になります。当然噛みにくくなるので、ブリッジ治療や入れ歯に頼ったり、インプラント手術をしたりといったことになっていることになります。それに対し、アメリカでは20本近く、スウェーデンでは20本の歯が残っているというデータがあります

メインテナンスの受診率は?

高齢になった時の残存歯数の違いは、「定期メインテナンスの受診率の違い」が影響している部分があるといわれています。日本と欧米では「予防」に対する考え方が異なるのです。日本では「痛くなってから」歯科を受診する傾向があり、欧米では「痛くならないように」定期的に歯科医院を受診するという傾向があるのです。

定期メインテナンスの有効性は長期的な研究で証明されています

スウェーデン王立イエテボリ大学歯学部予防歯科のアクセルソン教授は、30年にわたる臨床研究を通して「定期メインテナンスによって97.7%もの歯を守れる」という事実を証明しました。研究によると、定期メインテナンスを受け続けた人とそうでない人のむし歯の発生率は4年間で約15倍、6年間では70倍の差になったのです。さらに、定期メインテナンスを受け続けた人の30年後の残存歯数については、全ての年代を含めて平均0.6本しか喪失していなかったのです。このことは定期メインテナンスを受けることは自身の歯を守ることにつながるということなのです。

一定の間隔で定期メインテナンスを受けましょう

定期メインテナンスを受けるには、メインテナンスとメインテナンスの「間隔」が大切です。定期メインテナンスの間隔は、口腔内の状態などによって歯科医師が判断して決まりますが、通常は、約3ヶ月間隔での定期メインテナンスが必要とされています。

 

関連記事一覧