総義歯が得意分野『山田歯科医院』(中央区・銀座一丁目駅)山田 雅昭 院長

インタビュー

先生は総義歯(総入れ歯)が得意だということですが。

もし自分が歳をとったときに、食事を十分に味わうことができなくなったとしたらどうでしょうか。人生は非常に味気ないものになってしまうのではないでしょうか。やはり、いつまでもおいしい食事を自分の歯で堪能したいものですよね。高齢の方が集まって話をされているのを聞いていると、入れ歯の話題が多いように思います。「入れ歯が外れるのが気になって、人前に出るのがおっくうになった」「痛くて噛めない」といった不満から始まり、「あそこは上手よ」とか、「下手よ」といった歯科医院の評判までさまざまです。かなり前のことですが、歯科医の私にとって非常にショッキングな話を耳にしました。「先生、この入れ歯は普段は良いのですが、食事のときは外しているんです!」といった内容です。

食事の時に外さなくてはならない義歯(入れ歯)なら困りものですよね?

そうですね。義歯=入れ歯は、その人その人に合った完全オーダーメイドの人工臓器です。入れ歯の大切な役割の一つに、噛む機能の回復がありますが、「噛むと痛くて、食事のときは外しています」では、この機能を全く回復できていません。これでは、人工臓器とはいえません。歯科医師としてはもちろん、食べることが大好きな私にとって、具合の良くない入れ歯のために人生の楽しみを半減されている方々がいらっしゃるという事を知って、本当に残念に思いました。この話を聞いて以来、私は、歯科医師の技術が足りないがために人間の三大欲求の一つである、食欲の部分が奪われるのは大問題だと思い、患者さんにとって満足できる総入れ歯を作るためにはどうすれば良いのかを日夜追求してきた経緯があります。

総義歯(総入れ歯)が得意になるにあたって、そのような経緯があったのですね。

はい。噛むことの大切さ、噛むことと脳の働きの関係、体への影響などを考えて入れ歯を作ってきました。最近では、ドライマウス(口が渇く病気)にも注意しています。今後は、唾液の量や質も入れ歯作りには欠かせない要素となっていくでしょう。入れ歯の良し悪しの最終判断は、患者さんご自身がなさることです。しかしながら、『満足できる総入れ歯』ができるかどうかには、その主体となる患者さんと歯科医師、歯科技工士の協力と努力がどうしても必要となってきます。私は、日々入れ歯を使用されている方々に入れ歯の存在を忘れさせ、入れていること自体が気にならないような最高の入れ歯を手に入れていただきたいと思っています。では、どうすれば文字通り“最高の入れ歯”を作ることが出来るのか。言い換えれば、入れ歯の質の良し悪しを決めるポイントは何なのかということになってきますが、入れ歯作りに欠かせない大切なポイントがいくつかありますので、その部分をふまえて、精密な入れ歯を作っています。

インプラントはやられていないのですね?

インプラント=最新治療というイメージがなんとなく世間に定着しているからなのか、 実際にドクターからインプラントにしなければならないような説明を受けると、本当にインプラント以外の選択肢はないのかと思ってしまいがちですが、内情は案外そうでもありません。事実、インプラントでしか治せない症例というのはほぼ皆無といっていいでしょう。担当のドクターは治療方針をインプラントのみと診断したけれど、別のドクターに聞いたら、そもそもインプラント治療自体が必要ないですねと診断されることも往々にしてあります。インプラントは、隣の歯を削ってしまうブリッジや、クラスプという金属製のワイヤーを歯に引っ掛けて固定する入れ歯と違って、歯を削らなくて済むから体に優しく、安全な治療ですなどという意見もありますが、歯を削るよりも、顎の骨にドリルで穴を開ける方がダメージは全然大きいといえます。合わない入れ歯は外せば済みますが、顎の骨に穴を開けたら元に戻すのは困難です。そのため医師側に求められるのは、ほんとうにインプラント治療が必要か否かという率直なリスク診断であると思います。もしインプラント治療を強く勧められた場合、すぐに契約せず、他院にて、セカンドオピニオンなど、そもそもインプラント治療が必要か否かのアドバイスをして貰うのが最善策です。 当院でもインプラント治療が必要かどうかの診察所見を率直にお伝えいたしますので、治療方針その他についてお悩みの方はお問い合わせください。

最後にメッセージなどをお願いします。

私は、坪田健嗣先生との共著で、『満足できる総入れ歯』という本を出しています。この本では、満足できる総入れ歯を手に入れるための方法論や、入れ歯に関する疑問に答えています。また、最新治療法「インプラント」、ドライマウス、保証システムなどについても解説しています。入れ歯が得意な歯科医師として、様々な経験と技術を積み重ねてきました。歯を失ってお悩みの場合には、治療方法は一つしかないといったわけではありません。一度当院にもご相談ください。

医院情報

医院名 山田歯科医院
院長(歯科) 山田 雅昭
略歴など 1952年 和歌山県生まれ
1977年 日本大学歯学部卒業 
日本大学歯学部総義歯補綴学講座に勤務
歯学博士授与
1984年 上記講座退職
1985年 和歌山市に開院
1989年 目黒区自由が丘に開院
2001年 中央区銀座に開院
ドライマウス研究所併設
所属など 日本大学歯学部総義歯補綴学講座兼任講師 
日本補綴歯科学会認定医および指導医 
ドライマウス研究会認定医 
日本口腔インプラント学会会員 
日本抗加齢医学会会員 
日本老年歯科医学会会員
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座1-4-8 銀座ビックウエスト5号館5階
アクセス 最寄駅:銀座一丁目駅
診療時間 【月曜日~金曜日】 AM10:00~PM1:00 PM2:00~PM7:00
【土曜日】 AM10:00~PM1:00 PM2:00~PM4:00
休診日 【休診日】 日曜日 祝・祭日
オフィシャルサイト http://ginza-ydc.com/index.html

電話番号 03-3535-3718

 

関連記事一覧