市川歯科(新宿区・新大久保駅)市川 正浩 院長

インタビュー

先生は義歯(入れ歯)が得意だということですが。

そうですね。食べるということは、生きていくうえでとても重要なことであり、さらに楽しく食事をするということは、とても大切になってきます。やはり、いつまでも自分の歯で食事をしたいと思う方が多いかと思います。年を重ねていくにつれ、入れ歯の話をされる患者様が多いようにも思います。入れ歯に対して、現状使用されている患者様の中にも、「痛くて噛めない」「入れ歯が外れやすい」などご不満をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。当院では、そういったお悩みに対応できるよう様々な義歯(入れ歯)の治療をしております。

治療について、さらに詳しく教えてください。

はい。一般的に義歯(入れ歯)と言いましても、種類も形も様々で、保険内で治療できるものもあれば、自費治療の義歯(入れ歯)もあります。通常の入れ歯ですと、サイズも大きく実際につけてみた時に、お口の中の違和感を感じる患者様も多いです。当院では、「特殊部分義歯」というサイズも小さく、目立ちにくい入れ歯を取り扱っており、患者様の口腔状況を確認して、作製しております。また、通常の部分義歯ですと、金属のバネ(クラスプ)を他の歯にひっかけて入れ歯を装着するので、経年により健康な歯まで痛めてしまいますが、金属のバネを使用しない、ノンクラスプデンチャーという種類の入れ歯もございますので、患者様の要望にあわせて治療を進めていく事が可能です。その他にもアタッチメント義歯やPFTクラウン義歯、食べ物の熱を感じやすい金属床など多種多様な入れ歯の治療を取り扱っております。

その他に力を入れている治療はありますか?

その他に力を入れていることは、いかに正確に早く治療を行うかということです。患者様の多くは、歯医者は何ども通院しないといけないと感じている方が多いかと思います。ですので、痛くなってからでないと歯医者に行かない患者様もいらっしゃるかと思います。患者様のお口の中を診査・診断し、どのような現状なので、これからどのような治療をしていくかという説明も模型や症例など使用して充分に行います。それから治療をスタートしていきます。当たり前ですが治療中は、患者様はお口をずっと開けていなければならないので、長い時間大きくお口を開けているので大変になるかと思います。ですので、なるべく早く治療が終われるよう、丁寧かつ正確に治療を行っています。

最後にメッセージなどをお願いします。

歯科医院と聞くとどなたも「痛いから嫌だ」「治療期間や治療時間がかかるから、、」と苦手意識の高い方が多いかと思います。当院は、新宿区新大久保駅から徒歩1分と駅近の好立地にあり、地域の患者様だけではなく、遠方から通ってくださる全ての患者様を大切にしております。当院では、患者様の未来のお口の状態を見据えた治療計画を一人ひとりにご提案しております。。歯のことで少しでもお悩みの方は、一度当院にご相談ください。

医院情報

医院名 市川歯科
院長 市川 正浩
略歴など 1987年 昭和大学歯学部 卒業
1987年 斉藤歯科医院 勤務
1988年 柏プラザ歯科 開院
1989年12月 市川歯科 開院
所在地 〒169-0073 東京都新宿区百人町2-3-23 三軒屋ビル3F
アクセス JR山手線 新大久保駅から徒歩1分
JR中央総武線 大久保駅から徒歩3分
西武新宿線 西部新宿駅から徒歩5分
東京メトロ副都心線 東新宿駅から徒歩8分
診療時間 月・火・水・木曜日 9:30~12:30 / 14:00~19:30(最終予約19:00)
金曜日 9:30~12:30 / 14:00~18:00(最終予約17:00)
土曜日 9:30~13:00(最終予約12:00)
休診日 日・祝祭日
オフィシャルサイト https://www.ichikawashika228.com/
電話番号 03-3232-6285

 

関連記事一覧