欠損補綴が得意分野『新青山ビルユー歯科』(港区・青山一丁目駅)清水 浩一 院長

インタビュー

清水院長の治療の得意分野は何ですか

私はもともと大学・大学院で補綴の分野、特にクラウンブリッジや特殊な義歯(コーヌスクローネ義歯)を扱っていましたので、得意分野になるかなと思います。もちろん、必要に応じてインプラントもやりますし、一般の保険治療もやりますので、基本的にはあらゆる治療を行っています。実は地域の傾向なのか、港区という都心の真ん中にあるせいか、欠損や総義歯の患者様はほとんどいらっしゃらないですね。どちらかというと歯の修復治療の患者様が多い傾向があります。

新青山ビルユー歯科で力を入れられていることや強みなど教えて下さい

当院の強みは治療において、一人のドクターがトータルで患者様の対応をするということでしょうか。現在よくあるのが、治療ごとに専門医に任せようとする風潮があるのですが、当院では院内での治療が難しい難症例を除けば、私や勤務医で全て治療を行っています。開業医ですから、患者様のお悩みに全て対応出来なければならないと考えておりますので、患者様とのコミュニケーションをしっかり行い、治療に関わる説明も患者様から完全にご納得いただけてから治療を行うようにしています。

最近は予防やセルフケアに対して気にかける方が多くなってきましたがお考えはいかがでしょうか

当院では定期メインテナンス時に、「口腔リハビリマッサージ」というマッサージを歯科衛生士主導で行うんですね。1,2分程度であれば無償、患者様からのご要望があれば時間に応じて有償で対応させていただいております。人間は年齢を重ねるうちにお口の働きが弱くなっていきますので、舌のマッサージや、頬のマッサージなどを行い、マッサージを進めています。他院でも同様のマッサージを行っているところはそこまで多くないかもしれませんが、当院の一つの特徴としてお勧め出来るケアになるかと思います。

最後に一言をお願いします

当クリニックでの治療理念のひとつ、丁寧なカウンセリングを通して患者さまをしっかりと「診る」ということは、「患者さまのお口はすべて異なる」という私の想いに起因しています。
当クリニックでは、治療計画を早期に出すことはいたしません。患者さまのライフステージやライフスタイルによって、計画も変化するからです。患者さまのお話やご希望をしっかりと聞き、治療に反映すること、納得のいく説明と治療を行うことが、患者さまとの強い信頼関係を築く秘訣だと思っています。

患者さまの「かかりつけ歯科医」として、高度なレベルの医療と的確な診断、診療を今後も行いたいと考えています。また、なるべく患者さまご自身の歯が長持ちするような、一生涯を考えた治療をご提案しております。歯に関する悩みやご相談がありましたら、どうぞお気軽にご来院いただければ幸いです。

医院情報

医院名 医療法人社団友歯会 新青山ビルユー歯科
院長 清水 浩一
略歴など 平成2年 日本大学歯学部卒業
平成6年 日本大学大学院卒業(クラウン&ブリッジ学専攻)
平成6~7年 日本大学歯学部助手として勤務
平成7年 医療法人社団友歯会に勤務
平成15年 同理事長に就任~現在に至る
所属など 東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」すぐ
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館3F
アクセス 東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」すぐ
診療時間 月・火・水・木・金曜日 9:30~13:00 / 14:00~18:00
土曜日 9:30~13:00
※ただし、木曜日は不定期で17:00で診療終了とする場合があります。
休診日 土曜午後、日曜、祝日
オフィシャルサイト http://www.udental.jp/
電話番号 03-3475-1841

 

関連記事一覧