きし歯科医院(目黒区・祐天寺駅)岸 陽一郎 院長

インタビュー

先生はインプラント治療が得意なのですね

そうですね。永久歯を失った場合、入れ歯やブリッジにてその部位を補う治療がありますが、 それぞれの欠点もあり、硬いものを食べられなくなったり、発声での違和感、抜けた歯の周りの健全な歯も削ることにより周りのその歯も寿命が短くなったりさまざまなデメリットもつきものです。 インプラント治療とは顎に結合性の良いチタンなどの土台を埋め、その上に人工の歯 を装着する治療で、個人差はありますが、入れ歯やブリッジに比べて、より元の状態に近づき審美的にもすぐれています。

インプラント治療における特色などはありますか

低侵襲の治療を心がけています。低侵襲の治療をすることによって、傷の治りもはやくなりますし、痛みや腫れや後出血や、バイ菌感染も軽減出来ますので、患者さんへの負担も減らすことができます。ですので術式などに特別なこだわりを持ったりするのではなく、患者さんお一人おひとりに対して適切な方法で、なおかつ負担の少ない方法を選択しているということですね。

低侵襲の治療を心がけられているのですね

そうですね。患者さんお一人おひとりの状態が異なりますから、適切な方法を選びご負担を減らすという事が大切だと考えています。CTの画像を駆使し、安心安全な低侵襲な治療を行うよう心がけておりますので無理な治療を行うことはしませんし、日本人の体格に合ったメイドインジャパンのインプラントメーカーを使用しており、患者さんに合わせたオーダーメイドの治療を心がけています。

最後にメッセージなどをお願いします

当院では患者さんといっしょに最善な解決方法をご提案していきます。特にインフォームドコンセント(患者さんにわかりやすい言葉で、わかりやすく説明し、納得を得て診療をすすめる/English OK)に力を入れています。スタッフ一同、明瞭なご説明を常に心がけ患者様とのコミュニケーションを大切にしています。お口に関することで気になっていることはどんな些細なことでもご相談ください。

医院情報

医院名 きし歯科医院
院長 岸 陽一郎
略歴など 昭和58年 昭和大学歯学部 卒業
目黒区歯科医師会 会員
警察協力医
日本健康医療学会会員
健康医療コーディネーター
日本先進インプラント医療学会 会員
所在地 〒153-0053 東京都目黒区五本木1-35-6 
アクセス 東急東横線 祐天寺駅から徒歩3分
診療時間 月・火・水・金曜日 10:00~13:00 / 15:00~19:00
土曜日 9:00~12:30 / 14:30~17:00
休診日 木・日・祝祭日
オフィシャルサイト https://www.kishi-dental-clinic.com/
電話番号 03-3713-0818

 

関連記事一覧