佐川歯科(中野区・東中野駅)佐川秀樹院長

インタビュー

インプラント治療が得意分野という事ですが

むし歯や歯肉の病気、事故などのトラブルなど、様々な理由で歯を失ってしまうことがありますが、たった1本の歯を失ってしまうことにより、口腔の機能や審美性が崩れてしまい、食事の際や外見上で不都合を感じるようになってしまうことが少なくありません。歯の最も重要な役割はもちろん噛む事ですが、これ以外に歯には顔の表情を決める重要な役割もあります。顔の表情、喜びの表現、自然な笑いに歯は非常に重要な役割を果たします。歯は楽しい会話をする為にも、美しい表情にも不可欠な要素なのです。また、歯を失しなってしまうということは、歯冠だけでなく、噛む力を支える歯根までも失ってしまいます。このように歯を失しなってしまった方は、出来るだけ目立たない方法で失った歯の機能を取り戻すことを望まれるでしょう。インプラント治療であれば、より目立たなく、天然の歯に近い形で噛む機能と審美性を補うことが可能であると考えています。そのため、インプラント治療には最も力を入れております。

難しい症例には対応可能でしょうか

佐川歯科では、骨が足りない、他院で断られたといった、いわゆる難症例の手術も積極的に行っています。GBRという骨再生誘導法で骨造成をおこなったり、スプリットクレストといって骨幅が足りない場合の術式、ソケットリフトやサイナスリフトといって上顎の骨が薄い場合の術式も必要に応じて使いこなしています。

その他に得意としている術式はありますでしょうか

フラップレス手術といって、切開・剥離・縫合を省いた術式も行っています。手術時間が短縮され、出血もほとんどないため術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる点がメリットです。また、即時(即日)荷重インプラントといって、インプラントの埋入手術を行い、48時間以内に仮歯をつけられるという方法も行っています。固定式の歯で食事も可能になりますが、条件が限られた方にしか行えない診療方法でもあります。あとは、抜歯即時インプラントもおこなっています。歯を抜くと同時に、その穴にインプラントを埋入する方法です。手術が1回で済むことでの短期化、切開が不要なことで 腫れにくく、痛みが少ないなどのメリットがあります。

最後に一言お願いします

私は、自分の技術におごることなく、常に勉強を続けて、自己のアップデートを図りながら診療にあたっていきたいと思っています。インプラントの治療は日進月歩で進化しているといえます。
また、佐川歯科では、お仕事で夜の遅い方にはご不便をおかけしますが、深夜営業などの、いわゆる営業努力をしておりません。なぜなら、進化する歯科治療を常に学ぶ時間が必要なのと、しっかり集中して手術を行い、より安全性にこだわり、患者様に安心して治療を受けていただきたいと考えているからです。

医院情報

医院名 佐川歯科
院長 佐川 秀樹
略歴など 福岡県立 九州歯科大学 卒業
佐川歯科医院 開院
東京医科歯科大学専攻生
東京医科歯科大学博士号取得
日本口腔インプラント学会会員
日本歯科理工学会会員
セラミック・インプラント学会会員
所在地 〒164-0003 東京都中野区東中野1-4-7
アクセス 最寄駅 JR総武線 東中野駅
診療時間 9:00~13:00 / 14:30~19:00
休診日 木曜・日曜・祝日
オフィシャルサイト http://sagawa-shikaiin.jp/

電話番号 03-3371-6480

地図

関連記事一覧