『ナガオカ歯科』(川口市・川口駅)永岡 明記 院長

インタビュー

得意な分野は口腔外科ということですが

はい。口腔外科は、むし歯や歯槽膿漏あるいは入れ歯の治療だけではなく、お口の中に発生するいろいろな疾患に対応する診療科です。また口の中だけにかぎらず、周囲の隣接する組織に起こる疾患、全身疾患と関連のある口のなかに生じる疾患、あるいは何らかの病気を持っている方の治療などを行っております。疾患によっては外来での治療にとどまらず、手術室あるいは入院施設を応用し治療を行っています。

どのような疾患に対応されているのですか

口腔外科で取り扱う疾患は親知らずなど歯が原因で歯茎やあごがはれる炎症、また、転倒などにより、歯の破折や口の中の裂傷、あごの骨折などの外傷、口の粘膜などに発生する良性および悪性腫瘍、あごの中や軟組織にできる嚢胞、唇顎口蓋裂などの先天異常、あごの大きさや位置が著しく異なり矯正治療だけでは治らない顎変形症、口腔粘膜疾患、入れ歯の維持安定性をたかめる補綴前外科、インプラント、歯牙移植、 顎関節症 、口に中に症状を表す全身疾患、例えば、血液疾患、膠原病など、多種多様です。それらの疾患に対応しています。

インプラントも行っているのですね

そうですね。インプラントは外科手術ですから、口腔外科の解剖知識、技術があるかないかでは手術も大きく変わってきます。また、当院ではカルシテックインプラントというインプラントも扱っております。インプラントの形状はネジ状になっており、手術をする時、骨の中にしっかりと動かないようにネジ込まれた、「初期固定」と言われる状態が必要になります。しかし、顎の骨は、硬い方から、柔らかい方と人によって様々です。硬い骨の場合、ネジ状になっているインプラントはしっかり固定される事はご理解して頂けると思いますが、柔らかいと砂の中にネジを入れるように動いてしまい、「初期固定」がとれません。特に長い期間入れ歯を使用されている方、高齢の方などに、骨が柔らかい場合が多くみられます。骨が柔らかいと、インプラントがグルグルと回ってしまい、骨と結合しません。しかし カルシテックインプラントは、骨の硬さを選びません。 これが、カルシテックインプラントの最大の特徴です。つまり他のインプラントと比べ、顎の骨と結合しやすいのです。

最後に一言お願い致します

歯は一度削ってしまうと二度ともとにもどりません。そして「むし歯」ができる仕組みを知れば金属をつめたり・かぶせたりしても、むし歯がとまらないことがわかります。一度歯を削り治療が終了してもそのまま放置すれば、再治療になる可能性が高く、治療をやり直せば直すほど、歯は大きく削られ確実に抜歯への道へたどっていきます。ナガオカ歯科では大切な歯を生涯守るために、「予防」に力を入れています。お口のことでお悩みの際は、当院までご相談ください。


医院情報

医院名 ナガオカ歯科
院長 永岡 明記
略歴など 2001年 日本大学松戸歯学部卒業
2001年~2006年 日本大学松戸歯学部 社会口腔保健学教室
六本木精密審美歯科
2006年~ ナガオカ歯科院長
所在地 〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-3-13 汐風ビル 1階
アクセス 京浜東北線 川口駅 徒歩5分
診療時間 月・水・木・金曜 10:00~13:00 / 15:00~21:00
土・日・祝日 10:00~13:00 / 15:00~19:00
休診日 火曜
口腔外科 https://nagaokadc-oms.info/
インプラント https://nagaokadc-implant.info/
オフィシャルサイト http://www.nagaoka-sika.com/pc
電話番号 048-241-8020

 

関連記事一覧