予防・メインテナンスに注力『アップル歯科』(墨田区・曳舟駅)柳 時悟 院長

インタビュー

柳院長は予防に注力されているのですね。

「災いは口より出でて病は口より入る」ということわざがあります。健康管理はお口の健康管理から始めることが近道です。歯周病やむし歯を予防することが、生涯自分の歯で食事をできる素晴らしさを持続するために必須なんですね。すでに自分の歯が少なくなって、インプラントや入れ歯といった人工臓器を用いているとしても、それを維持して快適に生活するためには、それらの人工臓器を支える口腔内の機能を疾患から予防することが不可欠なんです。そういったことから、最も予防に力を入れていますし、本来、歯科医療はそうあるべきだと思います。

予防の内容について教えてください。

まずは歯科人間ドックがあります。検査内容としては、歯周病、むし歯、口腔内に起因する疾患の早期発見、口腔内のがんの早期発見、歯磨きの状態・生活習慣チェックなどになります。検査方法は様々ですが、基本的に、問診・診察、歯周病検査、レントゲン撮影、唾液検査、口臭成分の測定分析などを行います。特に唾液検査では、歯周病やむし歯の原因菌の数、唾液量、成分を測定分析することによって、歯周疾患やむし歯にかかりやすい状態かどうか(免疫力)が判定できます。

治療後のメインテナンスなどはどうでしょうか

各種の治療が完了した後にお口の健康を維持するため、定期的にご来院いただきメインテナンスを行うことが大切です。メインテナンスの内容としては、まずは前回の治療後のお口の健康が維持されているかをチェックします。そして、その結果に応じて、保健衛生指導、レーザートリートメント、歯のクリーニング、フッ素塗布等の処置を行い、お口の健康を一緒に守っていきます。

具体的に歯周病やむし歯はどのように予防するのですか?

歯周病の予防は、レーザー、歯石除去、クリーニング、レーザーといった流れで行います。レーザーを用いることによって歯と歯石を分離し易くし、除去の際の痛みも感じ難くなりますので、知覚過敏の方にも喜ばれています。クリーニング後のレーザー照射では歯の表面をツルツルに仕上げて汚れの付着を防ぎます。むし歯の予防は、歯石除去、歯のクリーニング、フッ素コーティングといった流れで行います。コーティングの方法には、レーザーフッ素イオンメッキ法、イオン導入フッ素メッキ法、Fフッ素簡易塗布法などがあります。奥歯の咬合面の溝を樹脂で詰めるシーラント法は保険治療でできます。

スポーツマウスガードも作られるのですね

そうです。格闘技やフットボールのようなコンタクトスポーツでは、歯やあごを損傷から守るために、オーダーメイドのマウスピースを推奨します。当院ではお一人お一人の歯型を採ってから製作します。カラーもお好みで選択することができます。お一人お一人の口腔に合わせて正しい噛み合わせに調整した状態で装着しないと効果を発揮できない場合があるからです。正しく作ったマウスピース(マウスガード)を用いることで、外傷の回避だけでなく、握力、背筋などの瞬発力を発揮して勝利に導いたり、記録を達成することにもつながります。野球、サッカー、ボクシング、空手等各種競技別に適した物を作っています。 

歯ぎしり防止装置も作っていらっしゃるのですね

歯ぎしり、くいしばりなどを繰り返すと歯や歯周組織、顎関節にまでダメージを与えてしまうことがあります。スポーツマウスピースより薄い2~3mmの厚さのマウスピースを装着して睡眠することによって、そのようなダメージを防止することができます。歯ぎしり、くいしばり、顎関節痛などの治療用マウスピースは保険の対象となります。

いびき防止装置とは

お口の周りにある口輪筋の筋力が弱くなると、眠っている間に下顎が下がって口が開いた状態になります。そうなると、舌の付け根が気管支の入り口を塞いでしまう結果苦しくなって、大きく息をしようとするために口蓋垂が大きく震動します。これが大きないびきが出るメカニズムです。これを放置していると呼吸が止まって生死に関わる問題となることもあります(睡眠時無呼吸症候群)。いびき防止装置を用いて、寝ているときに下顎が下がらないようにすればほぼ100%いびきを抑えることが出来ます。

最後にメッセージなどをお願いします

はじめにもお話させて頂いたとおり、「災いは口より出でて病は口より入る」ということわざがあります。人に病気をもたらす細菌やウィルスの90数%はお口の中に常在或いはお口を経由して来るのです。そのため、お口の健康状態は全身の健康にも影響を及ぼします。また歯周病やむし歯に負けない体力と食事療法が重要です。詰めた物には食べ物のカスが付きやすいのでますます注意が必要になります。アップル歯科では、患者さんの痛みを出来る限り最小限におさえつつ、迅速にお口の健康を取り戻すこと、そして、良い状態を永く保てるように患者さんをサポートするということを診療方針として、予防法の指導と実施を最優先にしながら、様々な特殊診療にも取り組んでおります。お口のことでお悩みの方、お口の健康を維持したい方は、是非一度ご相談ください。

医院情報

医院名 アップル歯科
院長(歯科) 柳 時悟
略歴など 1973年3月  神奈川歯科大学 卒業
1975年~2003年  「柳歯科医院」開院
2003年~  「アップル歯科」開院
所在地 〒131-0032 東京都墨田区東向島2-34-18 東向島サニーホームズ1F
アクセス 最寄駅:曳舟駅
診療時間 【月曜日~金曜日】 10:00~13:00 14:30~19:30
【土曜日】 10:00~13:00 14:30~16:30
休診日 【休診日】 日曜日・祝祭日
オフィシャルサイト https://www.apple-dc.com/

電話番号 03-5630-8236

 

関連記事一覧