米国式歯周病治療とメインテナンス『高円寺オズ歯科室』(杉並区・高円寺駅)大井田 督仁 院長

インタビュー

歯周病の治療 ~ 予防・メインテナンスに力を入れられているという事ですが

そうですね。日本人の80%が歯周病ともいわれている時代ですが、この歯周病が日本人の歯を最も奪っている病気であることを知らない方も少なくありません。歯周病は、サイレントディジーズ、静かなる病気ともいわれるほど、気づかないうちにいつの間にか進行して、歯を支える骨を溶かしていきます。高円寺オズ歯科では、アメリカ式の歯周病治療を採用しており、歯周病があれば、まずはこの歯周病を徹底的に治療し、健康な口腔内にしています。

まずは歯周病を徹底的に治療するのですね

そうです。歯周病の治療では、歯茎の奥の歯ブラシも届かない部分にできてしまった歯石をしっかり除去しなければなりません。これを残していると、見えないところでどんどん歯周病が進行してしまいます。また、このような歯肉縁下の歯石を除去する事と同時に、その後、歯ブラシがしっかりと届くようにしてあげること、清掃性を確保してあげることも非常に大切になります。このように歯周病治療といっても、治療しては再発、治療しては再発と繰り返して悪化しては何の意味もありませんので、歯周病という病気のこと、どのように治療すべきかということ、そこのところを検査の後に、患者様にはしっかりとご説明させて頂き、ご理解して頂いた上で、治療に入ります。

先生はコーヌスクローネにも対応されているのですね

コーヌスクローネはアメリカ発祥ではないのですが、ドイツで生まれた義歯の一種で、茶筒の原理を利用した摩擦力で義歯を固定する、従来のいわゆる入れ歯とは全く異なる仕組みの義歯です。残っている歯に内冠を被せ、義歯の側に外冠を作り、被せるように装着して使用します。非常に安定しますので食べ物を噛みやすく、従来の入れ歯のように見た目も気になりにくいメリットがあります。このコーヌスクローネも、先ほどの歯周病のお話に戻りますが、歯周病が進んでしまい、グラついた歯がある方には、歯の動揺を抑えることができるのと、内冠となる歯は、非常に清掃性が良くなるため、歯周病の進行抑制につながるメリットがあります。私はコーヌスクローネについては、学会でも複数発表しています。

先生から最後に一言お願いします

はじめまして。高円寺オズ歯科室の院長の大井田督仁と申します。地域の皆様に歯科医療を通じて社会貢献したいと考え、この地で開院いたしました。当院で重要視していることは、まずは患者さま自身にどんな治療方法があるのかを「しっかり説明を行い理解していただき、選択してもらう」ことです。 「一生涯にわたり歯で困らないようにするため」や「治療効果が長く続くため」に最適と考えられる治療方法をご提案させていただき、患者さまにとって最善の治療を目指しています。当院の歯科医師含めスタッフ一同、患者さまと一緒に予防、治療処置に取り組んで参ります。お口のお悩みはなんでもお気軽にご相談ください。

医院情報

医院名 高円寺オズ歯科室
院長 大井田 督仁
略歴など 高知県出身
東京医科歯科大学大学院(部分床義歯学)修了後
博士号(歯学)取得
東京医科歯科大学附属病院-義歯(入れ歯)外来にて研鑽を積む
都内歯科医院にて院長として勤務を経て開業に至る
所在地 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-33-14
アクセス 高円寺駅北口徒歩4分 高円寺庚申通り商店街なか
診療時間 月・火・水・木・金: 10:00~21:00
平日は昼休みなく診療!
土曜・日曜(隔週): 9:00~13:00 / 14:00~18:00
休診日 日曜(隔週)・祝祭日
オフィシャルサイト http://www.osdental.com/
電話番号 03-5373-4185

関連記事一覧