前島歯科医院(中野区・東中野駅)前島洋志院長

インタビュー

先生の得意分野は

得意分野というか、ご来院された患者様は全て診療します。その結果、口腔がんなど、自分自身の手に負えないといった症例は、大学病院を紹介した方が良いものについてはすぐに紹介します。無理な治療をすることはありません。無理な治療をするよりも、大学病院と連携する事を大切にしています。あとは予防を最重視していますね。

予防を重視しているのですね

そうです。やはり歯周病で歯を失ってしまう方が多いわけですが、失ってからでは入れ歯やインプラントになってしまいます。そうなると費用もかかりますし、ご自身の歯に勝るものはないのです。長年歯科医師をやってきて、心からそう思います。しかし残念ながら手遅れになってからご来院される方もいらっしゃいますので、必然的に入れ歯治療は多い傾向があります。しかしながらどんなに良い入れ歯を作っても、ご自身の歯と比べると雲泥の差なわけです。ですので、入れ歯にならないように注意する必要があるのです。また、インプラントでは、骨の量がしっかりしていないと、骨造成するなど少し無理な治療が必要になります。ですので私が最も大切にしていることは予防です。予防が最も大切です。それと、定期的な歯周病のチェックです。歯周病はいつのまにか進んでしまう病気です。定期的にチェックを受けることで、歯周病もひどくなる前に治療に入れます。歯周病を悪化させてしまうと歯を支える骨が失われてしまいますので、注意が必要です。

入れ歯はどんな種類のものを手掛けていますか

なんでもやります。私は保険医ですから、保険の入れ歯を中心に、ご要望に応じて保険外の入れ歯も取り扱います。ノンクラスプ、金属床、テレスコープ義歯まで、私はインプラント治療は他院を紹介していてやりませんが、インプラントにかわる噛み心地の良い入れ歯も追及してきました。残った歯に冠を被せ、その上に入れ歯を被せるような固定方式のものもやっています。

予防のために取り組んでいることは

はがきを送るとかだけでなく、お電話もします。患者さんの健康のために、定期的に歯周病のチェックが必要だからです。この方は半年に1回、この方は1年に1回かな、といった具合にお一人おひとり口腔内の状態は違いますから、それぞれに合わせた間隔でチェックすることをおすすめしています。

最後に一言お願いします

私は、医療の世界ではまだまだ患者さんへの説明が足りないのではないかと思っています。パッパと診察してはいお薬ですよ、みたいなものではなく、しっかりと患者さんに説明を行って、お一人お一人に対して丁寧に接していく、そのような医療のあるべき姿に向けて今でも努力しています。

医院情報

医院名 前島歯科医院
院長

前島 洋志

略歴など
立教大学 卒業
東京歯科大学歯学部 卒業
前島歯科医院 副院長 就任
前島歯科医院 院長 就任
明治大学付属中野中学校 校医
明治大学付属中野高等学校 校医
日本歯科医師会 所属
東京都歯科医師会 所属
中野区歯科医師会 所属
所在地 〒164-0003 東京都 中野区 東中野 3-21-3
アクセス JR総武線 東中野駅より徒歩5分
大江戸線 東中野駅より徒歩5分
東京メトロ東西線 落合駅より徒歩6分
診療時間 9:00~12:30 / 14:30~18:30
※ 土曜日祝日は 午前9:00~12:30 / 午後13:30~17:00 まで
※ 月曜日の祝日診療は 午前中のみ
休診日 木曜・日曜
オフィシャルサイト http://maejima-shika.com/

電話番号 03-3361-7450

地図

関連記事一覧